絣文様

古布no2蚊絣
c0102727_19161530.jpg 


 文様が蚊の様に見えられるため
 蚊絣と呼ばれるようになった。
 
 十字絣の仲間で、織り経の数が
 普通50立ち以上(注1参照)
 の小さな十字絣を蚊絣と呼んでいます。




古布が好きな人たちの中では人気の柄です。骨董市
でもとても貴重な柄で、状態の良い物はなかなか残っていません。
見かけても、状態が悪く、値段も高いです。
今は森山虎雄氏が織られるくらいで、このところほとんど
織られていないのが、実情です。2,3年前に、息子さんの
森山哲也さんが、文化財にだされました。その貴重なものは
藍木野も縁あって、手に入れる事が出来ました。
昔も、新しい反物はよそ行きの着物として仕立てられました。
(注1)
織経おりたて
横一列に50の文様が並ぶようにたて(経)糸作りをする。小柄は
手括りするのでなく、いったん、織り締めのやり方で、むしろの様に
織って、其の状態で、染めて、それを解いてから、織っていく。
[PR]

by akino-yoshida | 2006-12-21 19:37 | 絣文様  

<< 絣文様 絣文様 >>