カテゴリ:よしだの日記( 118 )

 

新調しました赤い靴とグリーンの靴

c0102727_1711821.jpgc0102727_17112857.jpg
何年ぶりかなー。るんるん。靴を買いました。それも一度に二足もです。
寒い日用の赤い靴、
晴れた日のグリーンの靴。

お出かけがうれしくて、今普段に馴らしています。
なかなか私の横広がりの足に合う靴が見つからなくて、
買っても履かずじまいのものもあります。




この靴はとても履き心地いいです。


アサヒコーポレーションの靴です。
久留米の靴の老舗のメーカーで、ブリジストンの前身の会社なのですよ。

藍木野銀座店で取り扱っていますので、一度お試しくださいね。

寒くなったので、いつものリバーシブルパンツをはきはじめました。

藍のパンツに赤もグリーンもよく似合います。
[PR]

by akino-yoshida | 2012-11-08 17:42 | よしだの日記  

故郷大牟田で、藍木野展決まりました。

わが故郷大牟田は、二つあったデパートがなくなり、ギャラリーも見つからず、展示会をするもはあきらめて
いました。訪れるたびに、どんどんお店のシャッターが降り、建物が崩される大牟田は寂しいです。

それが、今回会場が見つかったのです。それも、本当は貸し出していないスペースを、オーナーの方を説得して、、、実現しました。長く使ってないスペースなので、お掃除しなくてはいけません。二階ですがお掃除すれば、とても素敵な会場になりそうです。

わが母校明光学園の60周年記念音楽会と重ねて、五月11日(金)から14(月)の四日間です。
ご協力いただいた、久留米のギャラリーでであったお客様、会場を心よく提供してくださった沖牟田玩具店様、
ありがとうございます。楽しい大牟田の皆さんに喜んでいただける展示会にしたいと思います。

内田麟太郎様、このブログをもし見ていただけたら、五月になったら、大牟田での藍木野展宣伝してくださいね。お願いします。

   久留米絣工房  藍木野
   私のふるさと展
  ~久留米絣の装い~故郷のぬくもりに包まれて~

  会期  五月11日(金)~14日(月) 11時~17時
  会場  みきの国(アイ&カルチャ大牟田)二階
  大牟田市栄町2-10-6c0102727_11575261.jpg
いつもブログに使用しているこの絵は同じ大牟田出身のいとこの画家猿渡暁子作です。
懐かしい大牟田に久しぶりに浸りましょう。懐かしい出会い、新たな出会い楽しみです。
[PR]

by akino-yoshida | 2012-03-25 12:05 | よしだの日記  

思うこと

c0102727_1113406.jpg 一年がたちました。
何が起こったのか、何からしたらいいのか、やっと会社に戻ったら、部屋いっぱいに大きなガラスの破片が散らばっていてそれを片つけるのに必死でした。
家に戻ってテレビをつけて初めてことの重大さを知りました。

 そのときを、郡山で迎えたスタッフ二人が帰路を絶たれました。
三日後に二人の元気な顔を見るまでは、どうして過ごしたのか、テレビとパソコンをつけっぱなしにして情報集めに必死でした。
 あの日に南の九州でかわいい甥も亡くしました。
もう一年もたったのですね。

 藍木野も私個人も、被災された方々に少しでも役に立ちたいと思っています。でも、何をどうやって力になれるのか、迷いながらです。もしかしたらかえって迷惑かけているのかもしれないなと迷うこともありますが、、。

 一度は震災で、中止になった盛岡川特デパートから、お客様から藍木野の衣を見たいですの声がありますからと、急遽、昨年五月に藍木野展が開かれました。
 今年も、いつもどうり三月末から、藍木野展を開催します。
 いわきのギャラリーカルさんでも四月に。カルさん、皆さんお元気でしょうか?カルさんのカレー楽しみです。
 そして、昨年、震災で開催途中、中止になった郡山うすいでもこの夏藍木野展が予定されています。

 今日は、天気がまずまずなので浴衣を洗いました。
浴衣を送ってくださった友達、久留米の方々ありがとうございます。一二枚、といてみましょう。被災者の方が、布ぞうりを作りやすいように、頑張ってときましょう。
何も手につかなかった被災者の方のなかで、手を動かしていると心落ち着くからと、手仕事をはじめられたそうです。そしてその輪が少しずつ広がっているそうです。
 喜んでくださるといいな?
私は、手を動かしながら、命を落とされた皆さんのご冥福を祈りましょう。c0102727_1113581.jpg
[PR]

by akino-yoshida | 2012-03-11 11:15 | よしだの日記  

2011年を忘れない

 皆様どんな大晦日をお迎えですか?
今年一年本当にありがとうございました。

私は二年ほど前から、藍木野の仕事を若い世代へ継承をと自分なりに走りまわっていました。
その中で3月11日の震災と大津波、そして福島の原発事故がおこりました。
東京にいても不安で眠れぬ毎日でしたの、に東北の皆様の悲しみは苦しみは如何ばかりでしょうか。

日本人みんなが自分の生き方、幸せとは何かを問われていますよね。

震災の後、今こんな状態で社長交代して大丈夫だろうか・早過ぎないかと私の心は揺らぎましたが何とか九月に予定どうり、藍木野の仕事を継承しました。
今、若い力で頑張っています。心配した以上に若い人頑張りますね。

日本もきっと若い力で前を向いて復興することでしょう。若い力が今こそ必要です。

今日いつもどうり、福岡のお正月料理、がめ煮をなべいっぱい作りました。
地鶏の鶏肉と、ごぼう、にんじん、里芋、たけのこ、干ししいたけ、体のためにたくさんのこんにゃくで。
それに、大根とにんじん、柿にゆずの香りを利かせたなますも。

お友達が今回はお正月は質素にします!といってたので、私も後はあるものでそれらしく作りましょう。

ちょっと目を使いすぎたのか、左目が充血してしまいました。お医者さんもお休みで、パソコンで調べたら
静かにして、目は使わないようにとありましたので、この辺で、、。

来年が、皆様にとって、日本にとって、世界にとって、良い年でありますように。c0102727_14452892.jpg


  

 
[PR]

by akino-yoshida | 2011-12-31 14:46 | よしだの日記  

下北沢ピエレッタ閉店寂しいです。

 昨日の日曜日は懐かしい下北沢に出かけました。藍木野の出発点本多劇場ビルにあるブデックピエレッタが今月いっぱいで閉店することになったので、最後に訪ねていきました。

 26年間長い間お疲れ様でした。
ピエレッタの最初の3年間は私も携わっていましたし、18年ほど前、藍木野を本多劇場ビルに開店できたのも、ピエレッタのおかげでした。

 藍木野を開店してからは、ピエレッタ店主の姪夫婦にはとてもお世話になりました。
藍木野の下北沢時代のお客様は両方の店に顔をだし、お買い物したり、お話したりして愉しんでくださいました。

 下北沢は今はもう若者中心の街、若者以外のお客様はぐっと少なくなったそうです。それも時代の流れですね。

 ピエレッタには次々に別れを惜しんでのお客様がいらっしゃって、にぎわっていました。こんなににぎわっているなら、閉店するのはもったいないねというくらい。ピエレッタをごひいきにしてくださったお客様ありがとうございました。私も記念に一つお買い物をしました。

 ピエレッタご苦労様、そしてさようなら。
[PR]

by akino-yoshida | 2011-11-21 14:23 | よしだの日記  

さよなら父と母からの贈り物の小さなマンション

 35年前、32歳のころ自分で一生懸命働いて買ったマンションをこのたび手放すことにしました。
最後を田舎の古びたアパートで終えた父の遺言で、上京した母と暮らすために買った小さなマンションです。
小さくても、お日様が一日中照らしてくれる気持ちの良い部屋でしたし、駅から三分という便利さが気に入っていました。
そのマンションを売ってくださった方は、もうお亡くなりになりましたが谷岡ヤスジさんという漫画家でした。小柄な方で仕事部屋にされている部屋を丁寧に見せてくださいました。小さなすわり机が彼の仕事机でした。

入居後、母と二人 部屋中のタバコのやにを一生懸命落としましたが、障子のインク染みはそのままにしていました。

たくさんのローンを支払うために、長年とても質素な暮らしをしましたが母と二人すごした日々はとても幸せでした。

 わたしは老後下北沢に程近いそのマンションで過ごすつもりでした。が、縁あって、豊洲に来てしまいました。たぶん豊洲が私の終の棲家になることでしょう。
 会社の経営は若い人たちにゆだねたし、そろそろいろいろ身の回りを片つけてシンプルにしなくては、、。
そういう思いでずっと私を支えてくれた思い出のいっぱい詰まった出発の場を手放すことにしました。

早速そのマンションを気に入ってくださる方がいるようです。売れるのがうれしいような寂しいような。

次に入居される方がきっと幸せにくらせますように。

 
[PR]

by akino-yoshida | 2011-11-08 21:43 | よしだの日記  

若い人頑張れ!

 今月いっぱいで藍木野の代表を卒業します。

二十年間、皆さん、こんな私を応援していただき本当に感謝しています。
ありがとうございます。ただただ、久留米絣が好き!という私を。

 スタッフをはじめ、織元さん、バイヤーの方々、お友達、そしてもちろん皆様お客様。
たくさんの素敵な出会いがありここまでくることができました。

 四十代で母の介護を久留米でしようと東京から久留米へ、引っ越したこと。
織本さんや城崎とであったこと。若いころからのお友達の応援。
 いろんな偶然や出会いが重なって、藍木野はここまでに成長しました。

 私一代で終わろうと思っていましたのに、城崎の娘かおりちゃんが継承してくれる
のは何より心強いです。うれしいです。

 それに、長く藍木野が続けば跡継ぎに恵まれた織り元さんにも喜んでもらえます。

 65歳で卒業と思っていましたけど、二年遅れの卒業です。
私はこれからは、久留米絣の伝統がずっと続くように、後方から応援します。

 これからも、皆さん、若き藍木野を暖かく見守ってくださいね。
 
写真はこの八月に跡継ぎのある織り元さんたちと藍木野のスタッフとでささやかな会を設けた
時の写真です。
c0102727_1643193.jpg

 
[PR]

by akino-yoshida | 2011-09-19 16:06 | よしだの日記  

ある一日

 ある日の母娘です
c0102727_21161940.jpg

[PR]

by akino-yoshida | 2011-08-23 21:16 | よしだの日記  

八月は久留米です

 十月に代表を若いかおりさんに交代します。
その引継ぎの一環として仕上げは久留米で、。八月は久留米ですごします。

 二十日間ほど久留米です。

 久留米でもパソコン使えるように今かおりさんが頑張っていろいろ設定してくれていますが間に合うでしょうか?それより使いこなせるでしょうか?

 代表から開放されたら、今まで、十分にできなかったことにたっぷり時間とりたいと思います。
久留米絣のこと、デザインのことはもちろん、もっといろいろ。パソコンもそのひとつです。

 二十年間走り続けましたから、、。身体はあちこち痛みがきてますが、たいしたことなくすごせるのは
ありがたいです。

 若い人との交流も大切にしながら、残る日々を自分らしく過ごせたら幸せです。
 
 久留米にも急遽居場所を確保しました。ささやかな空間ですが、広くて風通しよく、とても気に入りました。
古くて痛んでた部屋の壁、天井、戸を若い職人さんにとっても安く手を加えてもらいました。東京では信じられないくらい安くです。あれもこれもとついつい手つくりしてもらいました。

 前に住んでた方が使われてたクーラーなどもお掃除して大事に使わせていただきます。
それもいつもの私のやり方。台所、洗面所お風呂、トイレ、もそのまま。大事にすれば十分これから20年は使えそう。

 テーブルも、食器も、いろんなものをリサイクルショップや百円ショップで調達しました。最低限。

 余裕が出てきたら、ひとつずつ好きなものみそばにおきたいですね。

 びっくりしたことにリサイクル店には結構本物が売ってます。いっぱいほしいなと思いましたが
今回の集めるテーマはシンプルに!必要なものだけ!

 まだ迷ってて足りないものはひとつ、仕事机です。見つかるまでは小さな古いテーブルで仕事しましょう。

横い細長のたっぷりいろいろ手が届くところにおけるそんな仕事机がほしいです。
しばらくリサイクルてん通いましょう。

 久留米のほっとする空間で藍木野にぞっぷり使った日々を送りましょう。



 藍木野スタッフも久留米のリサイクルショップ行きたい!んですって。


 八月四日から七日までの久留米通り町ギャラリー群青さんの里帰り展懐かしい方たちに会えるのも
たのしみです。お近くの方群青に遊びに来て下さい。
 

 

 
[PR]

by akino-yoshida | 2011-07-31 10:09 | よしだの日記  

65才からの同窓会今年三年目です

 今日は大学同寮会?三度目の同窓会の日です。
佐賀の古い学生寮でー四人部屋で何でも隠せずすごした仲間の集まりです。
まだ、探しきれないで会えない人も居ますが、毎年不定期に集まりやすい日と場所にと
計画しています。

 本当は今年久留米で集合する予定でしたが、一人の都合が、、それでく急遽東京になりました。
一度とまったことのある、ホテル日航に絞って、一番安くとまれる方法は?と
パソコンのヤフウで探すとあっ、ありました、三人部屋それも運河の見える部屋で朝食付き一人9000円です。やったー。安い。もう一部屋は二人なので見晴らしの良い部屋はないようです。それでも朝食付き9000円です。

 探せたまでは良かったのですが、さてどうやってこれをゲットできるのでしょう。あれこれ挑戦してもなかなか
最後の予約までたどりつきません。ついに、旅行会社に電話しました。、、でも電話だと安くても12000円くらいするようです。これは、、。

 休みの新納に申し訳ないと誤りながら電話でナビしてもらいました。やっと、取れました。やったー。

 というわけで今日は一年ぶりに仲間に会います。大阪から、名古屋から、そして東京組み三名。

 日航の朝食は楽しみです。だから、みんなの体のことを考え、今日の夕食は質素にいきましょう。

 余談ですが三人部屋はチェックイン三時、チェックアウト12時です。

 おしゃべりいっぱいできます。では皆さん、今日、明日は仕事休ませていただきます。

 追伸 探しているのは、佐世保出身の神原恵美子さんです。佐世保でもいろんな方が協力してくださいましたが
まだ消息わかりません。高校同窓会資料でも不明だそうです。そういう私も大学の名簿は消息不明になってるそうですが。
[PR]

by akino-yoshida | 2011-07-31 09:15 | よしだの日記