<   2006年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

あさってからjr名古屋高島屋

jr名古屋高島屋、9階クラフトコーナーにてあさってから展示会です。藍木野「藍と久留米絣展」です。c0102727_20172926.jpg 


今回で5回目です。

元気な名古屋は

学生時代の友達も待ってくれてて

楽しみです。
[PR]

by akino-yoshida | 2006-11-27 20:14 | 展示会だより  

夕陽と空気が綺麗です

 運河の街、豊洲の夕陽は綺麗です。

c0102727_5564013.jpg

夕陽が眺められた日は

ちょっと幸せ

富士山が見えたら

とても幸せ





豊洲の空気は綺麗に感じます。
今年は夏も結構富士山が顔をだしてくれました。
落日は、あっという間の光と色のパノラマです。
出会えた日はゆっくり愉しみましょう。
[PR]

by akino-yoshida | 2006-11-26 06:13 | 豊洲だより  

都会の中のほっ

 銀座の、三越の裏手にこんなものが。


c0102727_15222418.jpg




レストランの方が
大切に
育てられてるのですね。
[PR]

by akino-yoshida | 2006-11-25 15:25 | よしだの日記  

座布団

 スタッフ新納が一人暮らしを始めました。若いですが、物をとても大切にするひとです。
私も見習わなくてはいけないなと思うことがしばしばですから。

 狭い部屋だし、テーブルはもう、置き場所がないので、冬暖かいように使ってない座布団を
使ってもらうことにしました。
 若い頃、お友達を泊めてもお布団がなくて、座布団を敷布団にしてましたっけ。

 この座布団は、新ゆり時代には結構活躍していました。
 そうそう、12年前に下北沢の一坪ショップのとき地べたにこの黄色の座布団を敷いて
 座って、手仕事しながらお客さんを待っていました。

 もって行こうとしましたら、重くて。今日は天気が良いので、ちょっとお日様に当てておきましょう。

 新たな、活躍の場所ができるので、座布団も気持ちよさそうですね。
 きっとみんなに愉しんでもらえることでしょう。c0102727_11391678.jpg
[PR]

by akino-yoshida | 2006-11-25 11:36  

手織り展、豊洲店にて

 今回の、久しぶりの「藍と手織り展」に向けて、作品が、少しずつ出来上がってきています。

 わくわく、どきどき。新納さんは「すごい。」の連発。

 写真では、なかなか、その良さが伝えにくいです。ぜひ実際のものを見ていただきたいです。
今回は、小物や絵がすりの布も用意していますので、お楽しみに。手織りなので、いってんものがほとんどです。早めにいらした方がいいと思いますよ。

 お天気がいいと良いのですが。
[PR]

by akino-yoshida | 2006-11-23 19:39 | 豊洲だより  

出番part1

手織り展の準備をしていたら、何だか、ぞくぞくっとしてきました。今日、小雨に濡れたせいかな。風邪もはやり始めたそうだし、暖かくしなくっちゃ。
 もう、あのこの出番になったのですね。
 あのこって、寒い冬に私を守ってくれるパンツです。そう、リバーシブルのパンツです。

 10年ほど前、皆さんも御馴染みのtamuraさんに頼まれて作ったのが始まりです。
 はき易い藍木野のパンツの形のリバーシブルのパンツをぜひほしいといわれるので、1年ほど待っていただいて開発しました。
 久留米絣の反物の生地で作ると、冬は本当にほかほかします。どんなに寒くても私は、パンツと短いソックスです。絣が直接、肌を温めてくれるので、着心地満点。

 そう、真夏、冷房の効いてるオフィスではくというお客様もいらっしゃいました。もうしょっちゅうはくので膝が擦り切れてしまいましたと。そう、もう、4,5枚は膝の修理をしましたね。そんなに愛用してくださっているのかと嬉しくなりました。

 このリバーシブルパンツも、すっかり藍木野の定番になりました。リュウマチで、藍木野の形はちょっと、脱ぎ着が、、という方には、先を太くつくりました。

 10年目の吉田愛用のリバーシブルパンツです。少し、膝が、白っぽくなりました。裾は随分擦り切れてきました。でも、それが、なんとなしに、心地よいのです。古いジーンズと同じかな。
c0102727_9251979.jpg
c0102727_9252884.jpg
c0102727_9254516.jpg

[PR]

by akino-yoshida | 2006-11-22 09:17 | よしだの日記  

豊洲のおいしどころ

 今日は、豊洲にて新しいお店を開拓しようと、豊洲で評判のお店に行ってみました。
駅ビルの中華料理の店です。
 昼食時はサラリーマンでいつもいっぱいです。
外観は、お洒落な、喫茶店かレストランのようです。それが中華やさんと知ったのは
つい最近のことです。
 安くて、おいしい。其の上出来上がりが早いのです。其の上、其の上、とっても量が多く
ボリュウムたっぷり。
女性三名でお腹いっぱいになりました。

これからも、少しずつ、豊洲のいろんなお店を回ってみて、皆さんにご紹介したいと思っています。

 詳しくは、スタッフ新納のブログにてお楽しみください。

 いまだに、お腹が苦しいです。
[PR]

by akino-yoshida | 2006-11-20 23:06 | 豊洲だより  

藍と手織りのハギレ

 今日、城崎さんが、仕事部屋の棚を整理したいというので、藍と、藍の縞と、手織りの
ハギレを家に運んで来ました。

 10年前からのものです。懐かしい、中尾一美さんの藍のハギレもたくさんありました。
見て、触っただけで中尾さんのだとわかります。どうしてなのでしょうね。

 もう、なくなられて、6年が経ちます。最後の最後迄藍木野のことを気にしてくださって、
入院先の病院から、もう織れなくてごめんねと電話をくださいました。いい仕事をされました。

 今でも、馴染みのお客さんから、中尾さんの藍の反物で作ってほしいとの要望があります。
大切にとっていますから、、。

 藍のほのかな匂いに包まれながら、藍の布の滑らかな肌触りを確かめながら、うれしいひと時を過ごしました。

 
[PR]

by akino-yoshida | 2006-11-18 22:36 | よしだの日記  

なぜ、久留米がすりなのか

 ある取引先の方から、
「なぜ吉田さんは、久留米がすりなのですか。」
「なぜ、他の織物でなくて、久留米がすりの伝統を残したいのですか。」
と質問されました。
 もちろん、小さい頃からいろんな、布や織が好きでした。
ほかの布も、好きなのです。
 でも、なぜ、これほどまでも久留米がすりが好きなのでしょうね。

 この2ヶ月ほど、其の宿題の答えを求めつずけました。、ずっと、頭の中其のことでがいっぱいでした。
織元さんたちにも協力してもらって、時々は、久留米がすりの本を読んだり、反物を眺めて見たりして、考えていました。
 それは、すぐに答えが出るものではありません。
 でも、今日何とか自分なりに、少しまとめてみました。

 子供の頃よく宿題を忘れて先生にしかられました。今回も宿題提出が遅れたので、大目玉ですよね。
 でも、区切りがついて、ホッとしました。やったー、という気持ちです。
 
 写真は、織りあがった反物を湯通しして天日干しにしているところです。
 絣が、気持ち良さそうですねc0102727_1503658.jpg
[PR]

by akino-yoshida | 2006-11-16 15:01 | よしだの日記  

藍と久留米がすり手織り展に向けて

 藍と手織り展を、12月に豊洲店で開きます。
今、それに向けて、スタッフ一同、頑張っています。
新井さんが四苦八苦して、悩みながら、作っているのは
掲示板に書きました。

 それを見て、チーフの城崎も、「手織りは大変なんです。
柄が、揃ってないばかりでなく、手織りなので、耳もゆがみが
多いのですよ。」と。

 もう一人の仕立てスタッフ秋好も、そろそろ、手織りの作成に入ります。
きっと、苦労するでしょうね。でも、持ち前の、几帳面さで、きっと、縦横の
布あわせをしっかり頑張るでしょう。

 城崎が、久々の藍と手織り展だからと、ずっと暖めていた、藍のグラデーション
シリーズ、第4弾、を見せてくれました。

「 素敵。」と、新納と私は息を呑みました。

 前からの、藍のグラデーション3バージョンと合せて、12月に飾りましょう。
皆さん、お楽しみに。
[PR]

by akino-yoshida | 2006-11-15 12:34 | よしだの日記