なぜ、久留米がすりなのか

 ある取引先の方から、
「なぜ吉田さんは、久留米がすりなのですか。」
「なぜ、他の織物でなくて、久留米がすりの伝統を残したいのですか。」
と質問されました。
 もちろん、小さい頃からいろんな、布や織が好きでした。
ほかの布も、好きなのです。
 でも、なぜ、これほどまでも久留米がすりが好きなのでしょうね。

 この2ヶ月ほど、其の宿題の答えを求めつずけました。、ずっと、頭の中其のことでがいっぱいでした。
織元さんたちにも協力してもらって、時々は、久留米がすりの本を読んだり、反物を眺めて見たりして、考えていました。
 それは、すぐに答えが出るものではありません。
 でも、今日何とか自分なりに、少しまとめてみました。

 子供の頃よく宿題を忘れて先生にしかられました。今回も宿題提出が遅れたので、大目玉ですよね。
 でも、区切りがついて、ホッとしました。やったー、という気持ちです。
 
 写真は、織りあがった反物を湯通しして天日干しにしているところです。
 絣が、気持ち良さそうですねc0102727_1503658.jpg
[PR]

# by akino-yoshida | 2006-11-16 15:01 | よしだの日記  

藍と久留米がすり手織り展に向けて

 藍と手織り展を、12月に豊洲店で開きます。
今、それに向けて、スタッフ一同、頑張っています。
新井さんが四苦八苦して、悩みながら、作っているのは
掲示板に書きました。

 それを見て、チーフの城崎も、「手織りは大変なんです。
柄が、揃ってないばかりでなく、手織りなので、耳もゆがみが
多いのですよ。」と。

 もう一人の仕立てスタッフ秋好も、そろそろ、手織りの作成に入ります。
きっと、苦労するでしょうね。でも、持ち前の、几帳面さで、きっと、縦横の
布あわせをしっかり頑張るでしょう。

 城崎が、久々の藍と手織り展だからと、ずっと暖めていた、藍のグラデーション
シリーズ、第4弾、を見せてくれました。

「 素敵。」と、新納と私は息を呑みました。

 前からの、藍のグラデーション3バージョンと合せて、12月に飾りましょう。
皆さん、お楽しみに。
[PR]

# by akino-yoshida | 2006-11-15 12:34 | よしだの日記  

古布展part2

学習研究社の本「古布に魅せられた暮らし」其の六に吉田が、そして、其の五に日高さんが紹介されました。
 写真撮りの日は、朝から一日中かかりました。
集めた古布を広げると、何度眺めても、不思議と新鮮な感動に包まれます.。
c0102727_21551037.jpg

 洋服に作る人が多いですが、私は、インテリアとして、タピストリーにしたり、クッションにして
愉しむのが好きです。
 ただ古布を壁にピンナップするだけでも素敵、タンスに掛けるのもいい
[PR]

# by akino-yoshida | 2006-11-14 21:37 | よしだの日記  

新ゆりの頃

 2年前まで、新百合ヶ丘に工房を構えていました。
一戸建ての借家でした。
実家以外では、一戸建てに住んだのは、初めてでした。
下北沢のおみせを閉じることになって、仕事の荷物が、いっぱいになり
広い場所が必要になったからです。

 芝生に覆われた広い庭に少しずつ木を植え、大きな穴を掘って小さな畑を作り
4年ほど愉しみました。

 年に一、二度工房開きをしました。 
織展だったり、手つくり展だったり、猿渡暁子絵画展だったり、古布展だったり。

 ゆったりとした場所で、ゆったりとした時間がながれました。
c0102727_1002697.jpg


 豊洲のお店は、とても狭くてどれだけ皆様に愉しんでいただけるかなと心配もあります。
でも、又、少しずつ、絣のこと、手仕事のことを紹介していきたいと思います。
写真は、古布展です。
[PR]

# by akino-yoshida | 2006-11-11 21:36 | よしだの日記  

ともだちおまじない

 内田麟太郎さんから、素敵なプレゼントが届きました。
新刊の  ともだちおまじない  です。
読んでみました。 一度、二度と。
 これまでの友達シリーズとまるで異なる、それでいて、
ずっと連続してる、絵本でした。

こえにだして、唱えましょう。

 初めて読んだ日は、

 ともだちを だれよりほしい ともだちや

 を声に出してみました。

 今日は、どれどれ、

 ふたそろい ならべていけば うたが でる

かな。

 麟太郎さん、有難う。
c0102727_2113284.jpg

[PR]

# by akino-yoshida | 2006-11-10 21:53 | よしだの日記  

手織り展の準備

   
 久しぶりに、藍染の反物と、手織りの反物に浸っていました。
ぷーんと藍の香りが漂ってきます。あー、いい香り。
 どの反物で、何を作るか、城崎さんとふたりで一日中眺めながら考えました。
初めて洋服にする柄は迷いながら二人で、肩に羽織ってみたりして、、、。
二人で息が合うものもあれば、迷って迷って、そして、意外といいかもねと決心したものもあります。
 高価で、貴重な手織りの反物ですから、二人が納得できなければ、今回は、止めましょうと。

 二、三日して、新井さんから「、鋏を通すの怖いなー。」と電話が来ました。
「あんな、貴重なもの、失敗したらと思うと、手が動かないよ。」、と。
大ベテランの新井さんでもそうなんですね。しかし、止めるとは言われませんでした。
「まー、やってみるか。」と。
ホッとしました。一応、不安な心を、電話で、話を聞いてほしかったのですね。頑張りやの新井さんですから、きっと、挑戦して下さると思っていました。良かった。

 皆さん、そういう思いをして、仕立てた藍染と手織りの作品を、ぜひ、見て、試着して、愉しんで下さいね。

 手織り展は、12月です。

 藍染のはぎれも、久しぶりに用意しました。お楽しみに。c0102727_2115654.jpg
[PR]

# by akino-yoshida | 2006-11-10 21:15 | よしだの日記  

おぼえそう

 皆様なんということでしょう。
私にもできそうですよ。
 本当に大丈夫かな。意や大丈夫。
三日坊主にならないようにしばらく続けましょう。
c0102727_1735143.jpg
あまり、良いブログとはいかないですが、しばらく
ご辛抱くだいね。
[PR]

# by akino-yoshida | 2006-11-10 17:04 | よしだの日記  

パソコン初心者

 今日は、パソコンの先生和香子さんにブログをならっています。
一度あきらめたのですが、簡単な方法を教えてもらっています。
 さてさて、今度はどうでしょうね。覚えられたら、ご喝采。c0102727_16512510.jpg
[PR]

# by akino-yoshida | 2006-11-10 16:51 | よしだの日記  

猿渡暁子個展

時間ができたので、京橋の並木画廊に行きました。
銀座から、歩行者天国を歩きました。
明治のまえの細い通りにはあちこちギャラリーがあります。
たまには、こんなところを楽しみたいです。

2年ぶりの暁子展は、少し、明るい絵が目に映りました。
水彩画の教室を何箇所か開いてるということで、水彩画も5点飾ってありました。
二科会のお仲間は「良い絵ですね。暁子さんの水彩はなかなか素敵。」と。

行かれなかったtamuraさん、yさん、写真でお楽しみください。
上手に撮れなくて申し訳ありませんが、、。
c0102727_20271419.jpg
c0102727_20295829.jpg
c0102727_2030599.jpg
c0102727_20315689.jpg
c0102727_2032211.jpg

[PR]

# by akino-yoshida | 2006-10-29 23:21 | よしだの日記